南波と海鈴 1巻

南波と海鈴シリーズの他のレビュー

総合評価
★★★★☆ほんわかした雰囲気。おすすめ

執事付きのツンデレお嬢様・海鈴と、何故か同居している猫耳少女・南波によるドタバタストーリー。
微妙に百合っぽいところもありますが、基本的にはほんわかした雰囲気となっています。

無邪気な南波に対して、海鈴がツッコんだりやきもきしたりするのが主な展開。
そのギャップがなかなか楽しい。

他のキャラクターは色々と個性的です。
一条りなるな姉妹は、とっても対照的。
妹のりなは不思議系でジト目系。変なことをよくやっています。ぱにぽにの一条さんに似てるかも。地味に同苗字。
姉のるなはいけいけに明るくて、コスプレとゴシップ好き。いろんなキャラと繋がりがあります。

三波、二波は南波の姉たち。全部で七人姉妹らしいので、今後もたくさん出てきそうです。

一途な海鈴が色々なキャラに翻弄されていくのを見るのがメインという感じで、なかなか面白いキャラクター構成になっています。
安心して続きを期待できる感じです。
おすすめ。



キャラ紹介・評価
海鈴
+1
主人公なのにツインテールなツンデレお嬢様。
南波
±0猫耳少女。多くのネコミミがそうであるように、無邪気でお馬鹿でひたすら明るい。
一条りな±0不思議ちゃん系の先輩。言動に謎が多い。
一条るな+1りなの姉で、海鈴家のメイドもやる。
三波-1
南波の姉の一人。ナルシスト。
二波-1
南波の姉の一人。強度のシスコン。
posted by 美雪 at 2011年02月14日 14:18 | Comment(0) | 南波と海鈴 | 萌え漫画 百合作品 コミック百合姫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。