南波と海鈴 2巻

南波と海鈴シリーズの他のレビュー

総合評価
★★★★☆ゆるゆるな雰囲気。おすすめ

2巻になって地味にキャラクターも増えてきました。

まずは妹的存在の真子ちゃん。
何故か忍者で、海鈴を影から護るべく潜入します。
が、基本はどじっこなのでうまくいきません。
お嬢様大好きの百合っ子なので、それっぽいシーンがチラホラと。

あとは南波ファミリーの五波と六波。
クセの強い二人組なので、好き嫌いは分かれるかも。


相変わらずゆるゆるな展開なので、気楽に安心して読めます。


キャラ紹介・評価
海鈴+1すっかりツッコミが板についてきた主人公。
南波±0なんだかんだで海鈴やその他を振り回している存在である。
一条りな±0出番は減り気味…
一条るな+1三波とセットでよく出てきます。
真子
±0
新キャラ。忍者。暴走しやすい妹的な感じ。
三波-1南波の姉の一人。ナルシスト。
二波-1南波の姉の一人。強度のシスコン。
五波-1
南波の姉の一人。スポーツ少女系。
六波-1南波の姉の一人。マッドサイエンティスト。
posted by 美雪 at 2011年02月14日 23:04 | Comment(0) | 南波と海鈴 | 萌え漫画 百合作品 コミック百合姫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。