さくらりちぇっと 1巻

さくらりちぇっとシリーズの他のレビュー

総合評価
★★★☆☆うーん、わりと微妙

さくら、わんちゃん、いちじく、こーちんの四人組が、わいわいドタバタやる4コマです。

主人公のさくらの育ってきた背景が特殊なので、そのネタで毎回落としていく感じになっています。
父親と共に戦場を渡り歩いてきたとか。
なので異常な戦闘力を持っています。

他のキャラクターたちも強い個性付け設定がされていたり。
なんとなく妙に不自然な感じがして、感情移入しきれなかったのが残念。

あと、全員胸が非常に大きいです。
でも妙にパースが崩れているというか、バランスが悪いようでうーん。

なんとなく男性が無理して百合漫画を描いてみた、という香りがして、どうにもハマりきれなかった感じです。

クオリティとしては低くないので、悪い作品ではないのですが。

キャラ紹介・評価
九重桜±0妙に戦闘力の強い天然娘。主人公。ボケ専門の主人公も珍しい?
乾ゆかり±0通称「わんちゃん」。犬っぽい。一応中では一番の常識人。
豊臣九±0通称「いちじく」。京都弁を喋る不思議系。お金持ち。
篠崎ルナ±0通称「こーちん」。実は超天才だけど、それっぽくは見えない。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。