おとして↓アプリガール 1巻

総合評価
★★★☆☆ キャラが非常に個性的

新米女教師が受け持った初めてのクラスは、人間ではなくアプリガールたちのクラスだった。
20人の生徒たち・アプリガールを全てダウンロードするのが彼女の使命。
そんな感じのお話です。

主人公が地味な新米女教師というのが少し珍しい?
性格が暗くて友達がおらず、コミュニケーション能力も乏しい。
同情はできても、好感を持てる感じではないかも。

アプリガールたちは初めから居るわけではなく、条件を満たすことで初めてダウンロード(=登場)します。
なので最初に居るのは委員長の真白だけ。
彼女たちのとの交流を通して、徐々にアプリガール達を集めていきます。
最初に生徒の名簿を渡されるあたり、なんとなくネギまを連想してしまったのはわたしだけでしょうか。

そのアプリガール達。
個性が非常に強いです。癖の強すぎてなかなか好感を持ちにくいかも?
唯一まともなのが委員長の真白くらいなもので、あとはなかなかの個性派ぞろい。
区別しやすいという意味ではいいんでしょうけどね。

というわけでコンセプトは面白いのですが、なかなかキャラの魅力というあたりでもう一頑張り欲しかったかなぁという感じです。
絵柄はぷに系なので、凄く可愛いですよ。
いわゆるぎゃるげタッチな絵柄とでもいいましょうか。

百合展開といえるほどのシーンはありませんが、基本的に女の子しか登場しないので、安心して読めます。

キャラ紹介・評価
黒瀬潤-1主人公である女教師。なんだか性格が暗い。
真白±0委員長。唯一まともなヒロイン?
千草±0報道部。クールな策略家。
菖蒲-1保健委員。ちょっと不気味すぎるよ…
木蘭±0園芸委員。樹液が溢れてる…
±0給食委員。おかしな料理ばかり作ります。
深緋±0番長。変に真面目な番長。
蓮華±0軽音部。なのに歌う歌は重い…。
posted by 美雪 at 2011年02月18日 13:31 | Comment(0) | おとして↓アプリガール | 萌え漫画 ガンガン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。