おとして↓アプリガール 3巻

総合評価
★★★☆☆ 全員は集まらなかった…

アプリガールを集めるお話。
この3巻で完結します。

アプリガールたちは約20人いたはずですが、結局登場したのは11人。
あれ、他の生徒たちは?

打ち切り臭がそことなくしてきますが、どうやら月刊ガンガンWing自体がエニックスお家騒動によって休載に持ち込まれたからとか。
話のつながりとしてはきちんと進んでいるので、最後に急展開したという印象はありません。
そもそも、あれだけの個性派生徒の人数を倍にでも増やせば、作品はもっと破綻してしまったかもしれません。
人数はこのくらいで充分だったのかもしれませんね。

3巻は銀朱を除けば特に新しいキャラクターは登場せず、アプリガールの生い立ちや校長の存在など、伏線回収&エンディングへとまっしぐらに進んでいく感じです。
そもそも本編は3話ぶんしか収録されておらず、残りのページは作者の読み切りマンガが掲載されていたり。

読み切り作品を見る限り、やっぱり蘇芳はどう見ても男ですね。
外見や性格がそっくり。

せっかくならアプリガールたちが全員揃う続編も見てみたいものです。
再開されることはあるのでしょうか。

キャラ紹介・評価
黒瀬潤-1なんだかんだでこの状況が好きだったみたい。
真白±0委員長。委員長の力もありました。
千草±0報道部。マイペース。
菖蒲-1保健委員。最後にいいとこ見せる。
木蘭±0園芸委員。引っ込み思案で影薄め。
±0給食委員。無理矢理戻されました。
深緋±0番長。銀朱に抵抗しようとする。
蓮華±0軽音部。今回は出番少ない。
銀朱+1図書委員。最初に作られたアプリガール。笑顔が素敵
posted by 美雪 at 2011年02月18日 14:46 | Comment(0) | おとして↓アプリガール | 萌え漫画 ガンガン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。