ぱにぽに 1巻

ぱにぽにシリーズの他のレビュー

総合評価
★★★★☆ 面白いけど、まだ作画が粗いかも。

MITを卒業して高校教師になった天才先生ベッキーこと、レベッカ宮本が、各クラスの個性派にもまれながらドタバタする漫画。
この頃の絵はちょっとクセがあるので、慣れない人はなかなか雑に見えるかもしれませんが、徐々に上手になっていきます。

ともかくベッキーが可愛い。
毎回服が変わるのもポイント。姉の趣味だそうですが。
ひらひらした服とかもたまに着ます。

そして、なんとも多いのが登場人物。
この1巻だけでも、レギュラーキャラクターが一気に15人くらい出てきます。
これでもまだまだ全部ではないのですから、ぱにぽにを読むときはキャラの見分けに注意。
でもそれぞれがきちんと書き分けられていて、不思議と被ることがないんですよね。
綿貫と宮田は某所スタッフに間違えられたようですが…

独特な空気でテンポよく読める四コマ風漫画なので、ぜひおすすめします。
アニメを見たことある人も、原作を読むとまた違いますよ。

収録話

  • 第1話 寒に帷子 土用に布子
  • 第2話 麦と姑は踏むがよい
  • 第3話 諦めは心の養生
  • 第4話 紅は園生に植えても隠れなし
  • 第5話 駒の朝走り
  • 第6話 時と潮は人待たず
  • 第7話 門前の小僧習わぬ経を読む
  • 第8話 取らぬ狸の皮算用
  • 第9話 養生の祈りすごし
  • 第10話 巨人大鵬卵焼き
  • 第11話 晴天をほめるには日没を待て
  • 第12話 落花流水の情
  • 第13話 微かなるより顕かなるはなし
  • 第14話 詩を作るより田を守れ
キャラ紹介・評価
レベッカ宮本+310歳にしてMITを卒業した天才先生。
片桐姫子±0愛すべき馬鹿。運動不足。
橘玲±0このころは地味と呼ばれていました。
桃瀬くるみ±0もっと地味。落ち込みやすい。
一条±0ジト目の不思議系。
上原都±01ページ目と、テスト結果発表のときだけ出現。
芹沢茜±0基本的に着ぐるみスタイルで<登場。/td>
綿貫響±0諜報部なので、先生を追いかけてます。
白鳥鈴音±0乙女とセットで登場。デカ女。
秋山乙女±0背がのびないことを気にしてる。
ジジイ±0ジジイ絶好調。最初の腕章は「王様」。
ベホイミ±0転校生。このころは可愛かったのだ。
宮田晶±0ドジ。まだチョイ役。
posted by 美雪 at 2011年02月18日 15:46 | Comment(0) | ぱにぽに | ガンガン 四コマ風漫画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。