ねこきっさ 1巻

総合評価
★★★★☆ 元気の出る四コマです。

新米ウェイトレス・クゥが、ミルクと共に喫茶店で働くほのぼのとした四コマ漫画。
まんがタイムきららの中でも特に有名な作品なので、読んだことのある方も多いのではないでしょうか。

魔界だけあって人々はみんな何らかのモンスター系種族。
ヴァンパイアとかドラゴンとかワーウルフとか鬼とかスケルトンとか。
ほとんどが擬人化されていますが、なぜかミルクだけは猫の姿のままなんですよね。

このミルク、すっかり弄られ役が板についてしまっています。
ルーシアに食べられそうになったり、オーダーの度に投げ飛ばされたり、洗濯物と共に飛ばされていったり。
普通ならマスコットとして可愛がられそうなものですが、なかなかの意外な扱いで面白い。

他の店員も個性的ですが、キャラがしっかり立っているので迷うことはありません。
表紙ともども、絵がとってもポップで可愛いので、楽しく読むことが出来ます。

気軽に読めるし、読んでて楽しくなるので、まだ読んだことがなければぜひ読んでみてください。

[詳細レビューを読む...]
posted by 美雪 at 2011年02月19日 13:56 | Comment(0) | ねこきっさ | 四コマ漫画 まんがタイムきらら

ねこきっさ 2巻

総合評価
★★★★☆ おすすめ

魔界の喫茶店・ねこきっさで、新米ウェイトレスの猫耳少女・クゥが健気に働くお話。

今回は新キャラとして、タコのぱくちゃんが登場します。
タコだけに墨を吐くし、擬態も得意で足が八本ある。
でも可愛いんですよね。
2巻後半は、ぱくちゃんに関連したストーリーが多めです。

そして相変わらず猫のミルクはいじられます。
あそこまでひどい扱いを受けても可哀想には思わないのは、ミルクの性格のせいでしょうか。

常連の山岡さんも、コワイけどなかなか笑わせてくれます。
自分が骨であることを知り尽くしたかのようなネタが満載。

それぞれの性格がすごく立っているので、読んでて飽きないですし、みんなに好感が持てる。
ネタも今のところワンパターンではないようですし。
有名になるだけあって、クオリティの高い四コマだと思います。

[詳細レビューを読む...]
posted by 美雪 at 2011年02月19日 20:39 | Comment(0) | ねこきっさ | 四コマ漫画 まんがタイムきらら

ねこきっさ 3巻

総合評価
★★★★☆ ミルク擬人化の巻

猫耳少女が魔界の喫茶店で働くお話・第三巻。

巻頭カラーの描きおろし漫画がすごくいいです。
マヤさんと店長の若い頃の話。
いいねー、こういうの。憧れるねー
店長は相変わらずマイペースだけど。

3巻では南支店もオープンして、舞台がぐっと広がります。
ぱくちゃんがそっちに行っちゃうのはちょっと寂しいですが、結構2店舗間での交流もありますし。
そのぱくちゃんは相変わらず健気です。

そして今回のビッグな目玉。
なんとミルクが擬人化します。
しかもセクシー系な美人お姉さんに。
まさかあのミルクが…という感じですが、性格はそのまんまなんですよね。
全然違和感がない…。凄いベストマッチしてるかも。
読者からのハガキでも、ミルクお姉さんをもう一度出し手という意見があったみたいですが、実現するのかな。

その他にもぱくちゃんの実家の話とか、色々な話題がたくさんあるので、3巻はなかなか濃厚で面白いですね。
相変わらず間が上手な4コマです。

[詳細レビューを読む...]
posted by 美雪 at 2011年02月21日 00:31 | Comment(0) | ねこきっさ | 四コマ漫画 まんがタイムきらら