ラーメンの鳥パコちゃん 1巻


総合評価
★★★★☆不思議な魅力があるよ

怪しい外見の太った鳥類・パコちゃんが、温室育ちのお嬢様・姫子の家に飛び込んで生活を始める話。

ともかくこのパコちゃんが傍若無人で、やりたい放題。
オビにも「この鳥類、自由すぎる!!」とあるけど、まさにそんな感じです。
 
なんだか見ていてむかむかしてくるのですが、それがそれで味があるという不思議な作品。
シュールという言葉がぴったりくるかもしれません。
ということで、基本的にはギャグマンガです。
 
箱入りお嬢様とメイドさんという設定は、なかなか萌え系をいってるので、その点では楽しめるかも?
あと、作者は姫カット(前髪パッツン)にこだわりがある人なので、もちろん姫子は姫カット。
真面目で泣き虫で、ともかく姫子が可愛いー
 
同じ作者の「ちょいあ」を呼んでことがある人なら、マユ子もちょっと出てくるので必見かも。
いとこ同士だけ会って、ほとんど顔も髪型もそっくりですけどね。
 
萌えでシュールで傍若無人なギャグマンガなので、疲れた脳をほぐしたい時にどうぞ。

[詳細レビューを読む...]
posted by 美雪 at 2011年02月17日 00:34 | Comment(0) | ラーメンの鳥パコちゃん | 四コマ漫画

さくらりちぇっと 2巻

総合評価
★★☆☆☆むむむ…

4人でドタバタする漫画でしたが、2巻ではメイドさんという新キャラも出てきます。

とはいえ、さくら&いちじく、わんちゃん&こーちんという二組の百合カップルが形成されていく感じで話は進んでいきます。

なんだか話がどんどん大きくなっていくようで、いわゆる超展開というやつでしょうか。
2巻完結なので、終盤はぐいぐい進みます。
暴走して収拾がつかなくなてきたのでしょうか。

最後がどうなるかは…ご自分の目でご覧になってみてください。
あんまり好きな展開ではなかったかなぁ。

ゆる百合好きな人におすすめ

[詳細レビューを読む...]

さくらりちぇっと 1巻

総合評価
★★★☆☆うーん、わりと微妙

さくら、わんちゃん、いちじく、こーちんの四人組が、わいわいドタバタやる4コマです。

主人公のさくらの育ってきた背景が特殊なので、そのネタで毎回落としていく感じになっています。
父親と共に戦場を渡り歩いてきたとか。
なので異常な戦闘力を持っています。

他のキャラクターたちも強い個性付け設定がされていたり。
なんとなく妙に不自然な感じがして、感情移入しきれなかったのが残念。

あと、全員胸が非常に大きいです。
でも妙にパースが崩れているというか、バランスが悪いようでうーん。

なんとなく男性が無理して百合漫画を描いてみた、という香りがして、どうにもハマりきれなかった感じです。

クオリティとしては低くないので、悪い作品ではないのですが。

[詳細レビューを読む...]

えむの王国 2巻

総合評価
★★★☆☆この設定についていければ…

国民ほぼ全員がマゾというすっ飛んだ設定の4コマ漫画。

2巻では、隣国のえすの帝国の方にもスポットが当たりはじめます。
こちらは国民のほとんどがサドという国。
Sなので周りの国に次々と攻めこんでいくというわけです。

えすの帝国に攻められて蹂躙されれば、えむの王国の住民は喜ぶわけで、もうなにがなんだかよくわからない。
帝国に虐められたいMの王国の重臣たちがクーデターを起こしてえすの帝国を歓迎していたり。
いっそ侵略されちゃったほうが幸せなんじゃないでしょうかね。彼らにとっては。

えすの帝国の王女メディアは素晴らしき冷笑の持ち主。
そのクールすぎる凶悪な笑顔は、ちょっとコワイ。
でも素直に笑うと可愛いところもあるのが、この2巻では判明するところとなります。

そんなこんなで異常な設定が入り乱れる4コマですが、これについていければ面白いのかも。

[詳細レビューを読む...]
posted by 美雪 at 2011年02月15日 01:36 | Comment(0) | えむの王国 | 四コマ漫画 まんがタイムきらら

えむの王国 1巻

総合評価
★★★☆☆読者を選ぶ、と思う

王国の住人のほとんどがM(マゾ)というぶっとんだ設定の4コマです。

国王、王子から、メイド、一般市民まで。みんなえむの王国。
そんな中、王女のシャルロットだけはノーマルだったから大変です。
みんなの変態的なえむ行為に辟易していいて、心底うんざりしているご様子。

そんな中、隣国の「えすの帝国」が攻め手来るという噂が。
えむの王国の王子アレンが、潜入しにいきます。

ということで、シャルロット視点とアレン視点が切り替わりながら進んでいくお話になっています。
基本的にはギャグマンガ、というかかなりぶっとんだ漫画ですが、一応ストーリーっぽいものが進んでいくのでそこは面白そうかも。

ただ醜い男達のえむ行為シーンがたくさん出てくるので、そこはただただ呆れるばかりです。
どこまでがMで、どこまでが虐待なのかがよくわからない…
ただ傷めつけられれば嬉しいというわけでもないようで…理解できません。

このすっ飛んだ設定についていければ、楽しく読めるのではないかと思います。

[詳細レビューを読む...]
posted by 美雪 at 2011年02月15日 01:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | えむの王国 | 四コマ漫画 まんがタイムきらら