ストロベリー・パニック DVD 2巻

ストロベリー・パニック 2 通常版 [DVD] ストロベリー・パニック 2 通常版 [DVD]
総合評価
★★★★☆エス系に惹かれる人なら是非

女子校を舞台とした百合アニメ。

2巻になると、主人公の舞台であるミアトル学園の他に、スピカやル・リムといった他校
の生徒たちにもスポットが当たりはじめます。

3話ではル・リムの生徒会長、千華留様が。
この方、凄く素敵なんですよねー
いつも落ち着いていて、でもちょっと茶目っ気があって。
側にいて安心出来るお姉さまという感じがします。

4話ではスピカが舞台。
もう一人の主人公である此花光莉ちゃんと、その先輩鳳天音様が出てきます。
光莉ちゃんは本当にヒロインヒロインした人見知りする女の子で、対照的に天音様は白
馬の王子様という表現がぴったり来る感じなんですよね。

ミアトル、スピカ、ル・リムのそれぞれの生徒たちが入り乱れる、なかなか面白いス
トーリー展開になっています。
逆に言えば、途中から見ると誰が誰だか人物関係がよくわからなくなるので、最初から
順に見ていくことをおすすめしますね。

[詳細レビューを読む...]
posted by 美雪 at 2011年02月11日 11:43 | Comment(0) | ストロベリー・パニック | アニメ 百合作品

ストロベリー・パニック DVD 1巻

ストロベリー・パニック 1 通常版 [DVD] ストロベリー・パニック 1 通常版 [DVD]
総合評価
★★★★☆百合好きなら外せない

女学園の百合もの(エス系)を扱ったアニメです。

この手のジャンルといえばマリみてが有名ですが、たしかに雰囲気はいくらか似てますね。
でもマリみてにくらべて、女の子同士のロマンチックな関係が描かれる割合は多いような気がします。
百合好きならチェックしておいて損はしないでしょう。

転入生の渚紗が、学園の最高の女性であるエトワールに見染められる。
そんなところから話は始まります。
エトワールというのは「薔薇さま」のようなもので、生徒会長よりもさらに高い権限を持った地位になります。

このストロベリー・パニックの面白いところは、3つの学校が隣同士に併設されていて、それぞれに交流があるというところです。
そんな3つの学校を統べる最高位の女性、エトワール様に見染められたものだから、さあ大変。
外部からの転入生で、伝統も作法も知らない渚紗はどう対処していくのでしょうか。

残念なのが、その肝心なエトワール様に全然魅力を感じられないんですよね。
行事はサボるわ、いろんな女の子に手を出すわ、第一印象は最悪な感じです。

対照的に、同室で親友の玉青ちゃんは、すごくいい子なんですよね。
こっちはこっちでなにか考えてそうな感じもありますが…。

全体的に雰囲気がとても素敵なので、面白いアニメになっていると思います。

[詳細レビューを読む...]
posted by 美雪 at 2011年02月11日 11:10 | Comment(0) | ストロベリー・パニック | アニメ 百合作品

空の下屋根の中 2巻

空の下屋根の中 (2) (まんがタイムKRコミックス) 空の下屋根の中 (2) (まんがタイムKRコミックス)
総合評価
★★★★★是非オススメ!

なにもやりたいことがない少女、笹川かなえが、ニート脱出するための漫画です。

2巻完結なのでわりとあっさりしていますが、このくらいが調度良かったのではないでしょうか。
話はトントン拍子に進んでいき、納得な形で完結します。
読後感が凄くいいので、ぜひおすすめしたいかも。

直後の書き下ろし挿入話のせいで、色々と台無しですけどね。
あれはあれで、リアル感があっていいような気もしましたが。

ニートと言いつつしっかり就職活動はやっているので、正確にはニートとは言えないかもしれません。
前巻からバイトも始めてますしね。

全体的にまったりしているのに、読むとぐさりと何かが突き刺さる、そんな感覚が忘れられません。

わたしの一番のお気に入りの漫画の一つ。

[詳細レビューを読む...]
posted by 美雪 at 2011年02月11日 10:26 | Comment(0) | 空の下屋根の中 | 四コマ漫画 まんがタイムきらら

空の下屋根の中 1巻

空の下屋根の中 (1) (まんがタイムKRコミックス) 空の下屋根の中 (1) (まんがタイムKRコミックス)
総合評価
★★★★★是非オススメ!

一言で言えばニート漫画ですが、一概にそうとは言い切れないストーリーになっています。

高校卒業はしたけれど、特にやる気もない。
仕事に就くのでもなく、何かするのでもなく、ただだらだらと過ごし初めてしまった女の子。
彼女がいかにしてニートを抜けだしていくかを描いた漫画と言えるでしょう。

まだ働いていない身としては、なんだが胸にざっくり来る感覚があるんですよね。
あの、何もやりたくないという気持ち、よくわかる…。
独特なのんびり感と共に進んでいく怠惰な時間が、どこか共感できるものがあります。

もう一つ裏ストーリーというか、単行本掲載に当たって書き下ろされたニート男性の挿
入話もあるんですが、そっちの方はもう駄目駄目ですね。
本編以上に救いようがない。
二つを比較しながら読んでいくのも、また面白いのかもしれません。

働いている人にもまだ働いていない人にもぜひおすすめしたい一冊になっています。

[詳細レビューを読む...]
posted by 美雪 at 2011年02月11日 09:53 | Comment(0) | 空の下屋根の中 | 四コマ漫画 まんがタイムきらら